青森県青森市内にある『フレンチベースのレストラン』。 旬の食材を旬な時期に大切に調理することを心がけています。そんなお店『エヴィエ』のシェフによるブログです(*^^)v
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
2週間前の出来事ですが、

4月19日に函館市にて、19回目の開催であり、

10年目に突入した、函館BAL街に出店参加してきました

蜀・鳩譁咏炊+034_convert_20130503112641

有り難い事に、函館の大親分、バスクの深谷シェフから参加の要請を今回もいただき

Keiの高杉シェフと参加してきました

蜀・鳩譁咏炊+035_convert_20130503112810

前回はevieを定休日にして、研修の名目でスタッフ5人で参加しましたが、

その日、evieが予約で満席だった為、店をスタッフに任せ

高校の時の後輩(全く違う職種の方)を連れ、参加しました。

蜀・鳩譁咏炊+033_convert_20130503112608

着いたと同時に、丼物と活烏賊、麦酒で乾杯・・・・・・ではなく、ガソリン注入

今回は冷製物で、牛タンのパフェ仕立てと、牛ホホ肉の赤ワイン煮込みを提供

蜀・鳩譁咏炊+029_convert_20130503112253

会場に着くなり、すぐ仕込みに突入

蜀・鳩譁咏炊+032_convert_20130503112537

仕上がりはこんな感じ

蜀・鳩譁咏炊+031_convert_20130503112353

あれよこれよの内に、16時の開宴時間に

Keiの高杉シェフは、青森県産の短角牛のメニューで攻めあげる↓

蜀・鳩譁咏炊+030_convert_20130503112317

多数のお客様で盛りあがる店内

この後、会場は通勤ラッシュの山手線状態になり、撮影する余裕もトイレに行くタイミングもなく

写真撮影出来ませんでした。。。。。


結果、私も高杉シェフも、20時前には持ってきた食材全て売り切り、

大成功

長時間並んで、食べれなかったお客様には、メニュー以外に持ち込んだ、

自家製のフランス産のホワイトアスパラのピクルスと、

金子ファームの牛モモ肉のローストビーフを振る舞い、許してもらいました

蜀・鳩譁咏炊+028_convert_20130503112209

あたふたと片付けをし、5分でシャワーを浴び、打ち上げ会場へ

左の熊みたいなヘアースタイルの方は、八戸の、オステリア・デル・ボルゴの滝沢シェフ

真ん中は、深谷組長

蜀・鳩譁咏炊+024_convert_20130503111858

腹ペコだったみたいで、おいしそうにカレーを食べてる面々

右側の心霊写真のように写ってる方は、同じく参加した、弘前のポルトブランの白戸シェフ

蜀・鳩譁咏炊+026_convert_20130503111958

次回は9月に、20回目の開催となるBAL街に参加も決まり、次の日行なわれる

世界料理学会で来日される、スーパーシェフ達のピンチョスを作らせていただく仕事を頼まれました。

高杉シェフは、通訳の仕事も依頼される大仕事も

9月に向けて頑張って、日々美味しい料理を作る事に励みます

蜀・鳩譁咏炊+023_convert_20130503111829
蜀・鳩譁咏炊+022_convert_20130503111804

今回、写真が少なくてゴメンナサイ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://evie171.blog78.fc2.com/tb.php/964-61a693c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
フレンチレストラン『evie』 函館BAL街 VOL.19
2014/04/04(金) 09:54:14 | garcinia cambogia reviews
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。