青森県青森市内にある『フレンチベースのレストラン』。 旬の食材を旬な時期に大切に調理することを心がけています。そんなお店『エヴィエ』のシェフによるブログです(*^^)v
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
今朝の東奥日報朝刊に、私の醜い姿が掲載されておりました

なにがあったのかって?

IMG_2536_convert_20120224101145.jpg

昨日、アピオあおもりで、青森県畜産協会による

「日本短角牛 消費拡大普及研究会」と言う、青森県の短角牛の提供の場を増やし

消費拡大を図ろうと、畜産団体・生産者・料理人が集まり、開催されました

IMG_2505_convert_20120224101206.jpg

全盛期には県内で、1万5千頭いた短角牛が、現在では1200頭ほどしかいないらし・・・・・。

IMG_2511_convert_20120224101402.jpg

部位分けされた、短角牛半頭が、ズラリ

IMG_2508_convert_20120224101313.jpg

かなり派手にやらせてもらいました

IMG_2507_convert_20120224101232.jpg

今回は、私と菜のはなの野呂氏と二人で調理を担当させていただきました

IMG_2530_convert_20120224101838.jpg
IMG_2517_convert_20120224101628.jpg
IMG_2524_convert_20120224101726.jpg

試食後、生産者とシェフの方々との意見交換会が行なわれ

生産者の、短角牛に対する思い入れや、本音を聞かせてもらえる貴重な場でした

IMG_2532_convert_20120224101858.jpg
IMG_2533_convert_20120224102026.jpg

私も短角牛はたまに使ってはおりますが、実際のところ

サシが多く、軟らかい肉が皆様お好きなのも現実ではあります。

そして、昨日の会場でのディスカッションの中で知った事なんですが、生産者と行政との間で

考え方や、すれ違いがある事に温度差を感じました。

これらを一つ一つクリアしていかないと、短角牛は増える事はないし

消費拡大にも繋がらないようです・・・・・。


少しずつではありますが、各店舗で提供できたらと思っております







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://evie171.blog78.fc2.com/tb.php/928-ebe9023b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。