青森県青森市内にある『フレンチベースのレストラン』。 旬の食材を旬な時期に大切に調理することを心がけています。そんなお店『エヴィエ』のシェフによるブログです(*^^)v
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
土曜の夜仕事を終え、帰り路の途中に勉強会の案内が 

返事は二つ、喜んで

なんでも、wainalit 65号に掲載されている、今話題のシャンパーニュがあるとの事

モスバーガーで、ポテトを購入して、会場に

雑誌の表紙と同じ光景に

IMG_2400_convert_20120123121233.jpg

IMG_2390_convert_20120123115924.jpg

IMG_2391_convert_20120123115953.jpg

最初の一本は、CHARTOGNE-TAILLETの、Fiacre(フィアクル)

樹齢55年の葡萄の木からなりたつ、シャルドネ60%・ピノノワール40%の

美味しい一本。

きめ細かい泡立ちと、繊細ながら細やかに味の分かれ道が広がる

素晴らしい味。

前菜・魚・肉と、どれにでもマッチする味で、あわせたい料理が色々と浮んだ

とりあえず、自分用で一本購入せねば・・・・・。

IMG_2394_convert_20120123120158.jpg

二本目は、ラエルト・フレールの、Les Vignes d`Autrefois (レ・ヴィーニュ・ドートルフォア)

エクストラ ブリュット

こちらのシャンパーニュは、ブリオッシュを軽く焼いたような、バターのような香りや、

ヴァニラのような香り。

相性の良い料理は、オマールのロースト、ヴァニラソースや、フォアグラのテリーヌがピント頭に浮んだ

肉じゃないような気がする・・・・・。

とにかく抜群に美味い

IMG_2392_convert_20120123120127.jpg
IMG_2396_convert_20120123120226.jpg

3本目は、パスカル・ドゲの1996のブランドブラン

柑橘系の香りと味わいを持ちながら、香ばしい香りもチラホラと。。。

飲んでいると、後半は重く感じる味わいに。

もっと詳しい味のコメントをしたいのだが、美味すぎて感激しまくりで家に着いたので、

こちらの一本は、また購入して確かめてみる必要がありそうだ

IMG_2397_convert_20120123121209.jpg

今年はシャンパーニュを飲むペースが速い気がする・・・・・。

仕事も一生懸命、シャンパン&ワインの勉強も一生懸命頑張っていきたい

IMG_2400_convert_20120123121233.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://evie171.blog78.fc2.com/tb.php/919-022b229f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。