青森県青森市内にある『フレンチベースのレストラン』。 旬の食材を旬な時期に大切に調理することを心がけています。そんなお店『エヴィエ』のシェフによるブログです(*^^)v
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
土曜の夜仕事を終え、帰り路の途中に勉強会の案内が 

返事は二つ、喜んで

なんでも、wainalit 65号に掲載されている、今話題のシャンパーニュがあるとの事

モスバーガーで、ポテトを購入して、会場に

雑誌の表紙と同じ光景に

IMG_2400_convert_20120123121233.jpg

IMG_2390_convert_20120123115924.jpg

IMG_2391_convert_20120123115953.jpg

最初の一本は、CHARTOGNE-TAILLETの、Fiacre(フィアクル)

樹齢55年の葡萄の木からなりたつ、シャルドネ60%・ピノノワール40%の

美味しい一本。

きめ細かい泡立ちと、繊細ながら細やかに味の分かれ道が広がる

素晴らしい味。

前菜・魚・肉と、どれにでもマッチする味で、あわせたい料理が色々と浮んだ

とりあえず、自分用で一本購入せねば・・・・・。

IMG_2394_convert_20120123120158.jpg

二本目は、ラエルト・フレールの、Les Vignes d`Autrefois (レ・ヴィーニュ・ドートルフォア)

エクストラ ブリュット

こちらのシャンパーニュは、ブリオッシュを軽く焼いたような、バターのような香りや、

ヴァニラのような香り。

相性の良い料理は、オマールのロースト、ヴァニラソースや、フォアグラのテリーヌがピント頭に浮んだ

肉じゃないような気がする・・・・・。

とにかく抜群に美味い

IMG_2392_convert_20120123120127.jpg
IMG_2396_convert_20120123120226.jpg

3本目は、パスカル・ドゲの1996のブランドブラン

柑橘系の香りと味わいを持ちながら、香ばしい香りもチラホラと。。。

飲んでいると、後半は重く感じる味わいに。

もっと詳しい味のコメントをしたいのだが、美味すぎて感激しまくりで家に着いたので、

こちらの一本は、また購入して確かめてみる必要がありそうだ

IMG_2397_convert_20120123121209.jpg

今年はシャンパーニュを飲むペースが速い気がする・・・・・。

仕事も一生懸命、シャンパン&ワインの勉強も一生懸命頑張っていきたい

IMG_2400_convert_20120123121233.jpg


スポンサーサイト
記事編集
年末一週間の禁酒をした。

あまりの忙しさで、身体がアルコールを受け付けなかった。。。

2日ぐらい飲まない日はあっても、一週間一滴の飲まなかったの

この15年間で初めてかもしれない

一瞬だけ、一気に痩せたが、また最近太りつつある。

原因はこれだろうか

IMG_2272_convert_20120102112704.jpg

元旦に、友達との勉強会で登場したアイテム達

どれも素晴らしい味だった

IMG_2285_convert_20120102113431.jpg
IMG_2280_convert_20120102113025.jpg

93のヴーヴクリコのグランダム

IMG_2273_convert_20120102112752.jpg

カリフォルニアの3大シャルドネの、コングスガード

IMG_2274_convert_20120102112814.jpg

そして、人生初の、ハーランエステート
IMG_2282_convert_20120102113117.jpg

あまりの美味さと、度々変わる味わいに仰天

しかも、会場となった家の方のセラーにあるのをみつけてしまい、

いやらしくも、飲ませていただいた

本当に有難うがざいました

IMG_2281_convert_20120102113051.jpg

今年も、身体を壊さない程度に、楽しい勉強会を実施したいと願う一日でした。

IMG_2289_convert_20120102113522.jpg

飲んだテイスティングコメントは、勉強会仲間の、

ソムリエの友達のブログをご覧下さい。
記事編集
忙しい12月が始まりました。

一昨日、体調不良の為、急遽私だけ休日を頂きました。

お陰様で、体力が戻りました

この数ヶ月、休みなしで仕事をしていたからか、疲れが溜まっていたのでしょう・・・・・。


年明けたら、美味しいシャンパーニュや、ワインをたっぷり飲みたいです(笑)

こちらの画像は、先週飲んだ極上シャンパーニュです。。。

IMG_2140_convert_20111203115919.jpg


KRUG 1988

色は黄金色で、抜栓してからすぐに、香ばしい香りが・・・・・。

カラメルのような、コーヒーのような、トーストのような

なんともたまらない香り

とにかく厚みのある味わいで、美味しいハードタイプのチーズや、

アミノ酸たっぷりの生ハムと味わうにはお勧めです


どちらかと言うと、あまり冷やさず、ゆっくりと時間をかけて飲むと

温度の変化によって、香り・味の移り変わりが楽しめると思います。

正月はどこにも行かず、青森市内にいますので

飲みの誘いお待ちしております

記事編集
勉強会が盛んになる季節が近づいてきました

盆も終わり、少しづつ寒くなり、秋の食材が出回る季節なので、

勉強会もボチボチ開催したいと思います。

どうしても深夜からのスタートなもんで、腹も減りますが

太らない程度に身体の体調管理もして行く予定です・・・・・。


先週の出来事ですが、

一発目は、SALON 1999でした

IMG_1746_convert_20110823124931.jpg

99は、かなりクリーミーな味わいで、上質を感じさせる味わいでした

グラスもSALONで

泡立ちが素敵でした

まだ若いけど、のめり込んだら危険が付きまとう、

色気ムンムンの美女と言った感じでしょうか。。。

IMG_1745_convert_20110823124818.jpg

2本目は、30代の手馴れた女性のような カ・ン・ジ

飽きない味です。

IMG_1748_convert_20110823124954.jpg

3本目は、テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ1999

香ばしい香りが魅力の、味わい深い味の激ウマシャンパーニュ

泣く子も黙る美味さで、仰天

IMG_1752_convert_20110823125018.jpg

寝酒に、オーボンクリマ・イザベル

IMG_1753_convert_20110823125043.jpg


なんでこんなに美味いんだろうと思わせる、魅力ある味

毎日飲めるもんなら飲みたいけど、金も続かないね・・・・・。

俺の通夜の時は、花輪などいらないから、

シャンパンかワインを祭壇においてくれ

成仏できると思うから



記事編集
一昨日、お友達と当店で、プチ飲み会をしました。

疲れきっていた身体に、活を入れるに相応しいシャンパーニュ

ジャックセロス・ミレジム1999

香りを楽しむ為に、ワイングラスで試飲・・・・・。

IMG_1666_convert_20110810115617.jpg

ん~、美味すぎて言葉にならない

なんだか解らないくらいの、複雑な香ばしさ

このラベルのように、舌も頭の中もグルグルと、考えながら飲まされる美味しさ

さすがシャンパーニュの神様と呼ばれる作り手の味

こんな田舎っぺの俺が飲んでいいものか・・・・・。


まだまだ味が変化するとの事で、しばらく空気に触れさせておいて

赤ワインを~


ルロワ

ルロワは、シャンベルタンの1999

2本とも1999と同級生。

IMG_1669_convert_20110810115635.jpg

随分と色が濃い・・・・・。

口あたりが硬い・・・・・。

なかなか変化しない、かなりづぶとく、しっかりしている・・・・・。

確かに美味いが、次の日飲んでも、ビクともしない味


でも・・・・・、飲んでしまいました

シャンパン友達から頂いた、京都~和久傳の、はもの煮こごり梅風味

IMG_1672_convert_20110810115658.jpg

蓋を開けるとこんな感じです

IMG_1673_convert_20110810115718.jpg
IMG_1674_convert_20110810115740.jpg

骨切りも完璧で、どこ食べても全く骨に触らずでした

IMG_1675_convert_20110810120045.jpg

で、セロスの味ですが、最後は美味い白ワインに

若々しさの味と、熟成されつつの味が入り混じった

凄い一本なのは間違いない。

ジャム、トースト、蜂蜜などなど、複雑味の素晴らしさに脱帽でした

3~5年後ぐらいに飲んだら、もっと楽しめるかもです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。